DESIGN 広告デザイン・販売促進デザイン・マーク&ロゴ制作・イラストレーション・キャラクター・会社案内・カタログ・パンフレット・DM・チラシetc

広告制作の法則

ゴールを設定 目的の最終ゴールと目標の誘導ゴールの設定
【動機】広告をつくりたい 【目標】消費者を行動へ導く【目的】集客・シェア拡大
最近売上・集客が落ちてきた割引セールの実施・広告展開○○%の売上増

※広告を成功に導くためにはゴールへの誘導をしっかりと理解することが良いデザインの第一歩です
レイアウトのゴール 横書きの見出しのあるレイアウトの視線方向は【左→右】、 縦書きの見出しのあるレイアウトの視線方向は 【上→下】です。
人間の記憶では最後に見たもの、聞いたことが一番印象に残ります 紙面の中で一番最後に見てくれる場所をゴールとすれば、その部分を強調することによって広告効果の高くなる ことが理解できます(紙面の下段という意味ではなく、視線の最後です)
視線の誘導

 

視線誘導は基本的に左→右、上→下と流れますが、強烈な色彩や方向を指示する矢印などで流れを変えることも あります。
ここでは自然の視線の流れを示します。 また、日本語の広告には縦書き横書き両方を混在させる場合もあり視線誘導は複雑になります。
右図は視線誘導の図式化です。

※このような流れでデザイン創作をしています

      


対比の法則
文字のジャンプ率
▼低いジャンプ率デザイン
▼高いジャンプ率デザイン

▼さらにブラッシュアップさせたデザイン
▼ファッション女性向きデザイン