メールアカウント設置マニュアル

Microsoft Office Outlook

このページは、Microsoft Officeに付属しているOutlookの設定についてご説明しています。
単体のOutlook Expressをお使いの場合は「Outlook Express」のページをご覧ください。
なお、以下の手順は「Office 2003」の内容を元にご説明しています。異なるヴァージョンのOfficeをお使いの方は、多少手順に違いが生じる可能性があります。ご容赦ください。

※縮小されたキャプチャ画像はクリックすると別ウィンドウで正寸のものが開きます。

「ツール(T)」から「電子メールアカウント(A)...」を選びます。

設定ウィザードが立ち上がりますので、「電子メール」の「新しい電子メールアカウントの追加(E)」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。

「サーバーの種類」で「POP3(P)」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。

「ユーザー情報」の「名前(Y)」は、メールを送った相手の受信トレイリストに表示されます。できるだけ、分かりやすい名称を入れておくことをお薦めします。

「メールサーバーへのログオン情報」の「アカウント名(U)」・パスワード(P)」は、それぞれ設定書にある内容を入力します。
「パスワードを保存する(W)」にチェックを入れておくと、毎回の「送受信」時、パスワードを入力せずにメールを取り込むことができます。但し、その分セキュリティ的には緩くなりますので、お気を付けください。

「サーバー情報」の「受信メールサーバー(POP3)(T)」・「送信メールサーバー(SMTP)(O)」は、それぞれ設定書にある内容を入力します。

以上の項目を入力したら「詳細設定(M)」をクリックします。

「メールアカウント」は、Outlook内部の設定用の名称です。先程の「名前」同様、分かりやすい名称を登録しておくことをお薦めします。

「その他のユーザー情報」のうち、「組織(O)」は入れても入れなくてもかまいません。

「返信電子メール(R)」は、メールを受け取った人が差出人以外のアドレスに「返信」して欲しい場合のみ、そのアドレスを入力します。
(例:担当者であるjanac@janac.co.jpからメールを送るけれども、返信メールは代表アドレスのinfo@janac.co.jp宛に送ってもらいたい場合)
自分が出したメールの「返信」を自分宛に受け取る場合は、空欄にしておいてください。

「送信サーバー」タブをクリックします。

「送信メールサーバー」の「このメールは認証が必要(V)」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」にチェックが入ったことを確認します。

「接続」タブをクリックします。

ここについては、皆様がインターネットに接続している状況に応じて設定してください。
(特に指示がない場合は、そのままにしておいて結構です)

「詳細設定」タブをクリックします。

「サーバーのポート番号」の「送信メール(SMTP)(O)」を、「25」から「587」に変更します。

この操作は、最近のプロバイダが迷惑メールを阻止する目的で、プロバイダのドメインと同じメールアドレス以外のメールの送信を制限しているためです。 もし、この設定をかけても「メールが受信できても送信できない」トラブルが発生した場合は、お使いのプロバイダのウェブサイトから、迷惑メールに関する事柄のページをご確認の上、その指示に従って設定するようにしてください。

変更したら、「適用(A)」をクリックした後、「OK」をクリックしてください。

お疲れさまでした。
これでメールの設定は全て完了です。

「OK」をクリックして、お使いください。

もし、以上の設定を終えてもうまくメールの送受信ができない場合は、以下の手順で設定内容をご確認ください。

※縮小されたキャプチャ画像はクリックすると別ウィンドウで正寸のものが開きます。

「ツール(T)」から「電子メールアカウント(A)...」を選び、設定ウィザードを立ち上げます。

「電子メール」の「既存のメールアカウントの表示と変更(V)」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。

該当するアカウントをクリックして反転させ、「変更」をクリックします。

「インターネット電子メールの設定(POP3)」画面が表示されますので、上記設定に間違いがないかどうか、「詳細設定」も含めてご確認ください。