あけましておめでとうございます。

本年もジャナク株式会社を宜しくお願い申し上げます。

という訳で、こちらのブログはすっかりご無沙汰してしまいました。
以前のエントリで、「最低月1回は更新すべし」なーんてほざいておきながら、何やねんというツッコミが聞こえてきそうな新年早々ですが、実はれっきとした理由がありました。

と言いますのも……。
wp-upalert
こんな表示が12月半ばから皆様のダッシュボードに出ていると思います。
実は今回、皆様にお使い頂いているブログツール「Wordpress」が2.7へとヴァージョンアップしたのは良いのですが、11月初旬、管理画面の見栄えが大幅に変わってしまうことがアナウンスされたため、記事を書きためるのを一旦stopしていたのですね。また更に、当時のアナウンスでは11月末のリリースだったのが結局12月半ばにずれ込み、弊社(=筆者)の日常業務も繁忙期に突入してしまったため、すっかりご無沙汰と相成りました。

とりあえず、仕事初めの本日、皆様にお使い頂く前にまず自分が……という訳で、当サイトのアップグレードを敢行しました。

Wordpress 2.7 のダッシュボード画面です。「ログイン」したらこの画面に到達します。

Wordpress 2.7 のダッシュボード画面です。「ログイン」したらこの画面に到達します。

想像以上に見栄えが変わってしまい、かなり驚いた訳ですが、更に厄介なのは、前ver.より遙かに重いこと! ここまで重いと、かなり使いづらいかも……^^;
という訳で、1月末には既に2.7.1のリリースが予定されていますので、そちらの動向を睨みながら、随時皆様のサーバもアップグレード&当サイトでの解説記事を載せていこうと考えています。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く

記事の文中にリンクを設定する。

投稿記事の中で、他のページへのリンクを設定する場合は、リンクを設定する単語etc.を選び、ビジュアルエディタのリンクマークをチェックします。

リンク設定用ウィンドウが開きますので、必要な設定を行います。

必ず設定しなければならないのは、「リンクURL」です。
リンク先のアドレスを入力してください。



「リンクターゲット」は、リンクをクリックした時、リンク先のページを今見ていただいているウィンドウのページに表示するか、別ウィンドウで開いたページに表示するかを選びます。
どちらにするかは好きずきですが、記事の参照用としてリンクを張る場合は、「新しいウィンドウで開く」方がご覧になる方が記事と参照先のページを見比べやすいでしょう。

「タイトル」は、リンク先のページに対する簡単な紹介です。
記事の内容としては表示されませんが、入力しておくと、ご覧頂いた方がポインタを近づけた時、小さな窓(「ツールチップ」と言います)として表示されますし、読み上げ式ブラウザではそれを頼りにリンク先へ飛ぶことになったりと、検索エンジンで上位表示されるためにも(SEO対策)有効ですので、極力入力しておくことをお勧めします。

必要事項を入力したら「挿入」をクリックします。
(「クラス」は、弊社より何らかの指示をさせていただいた場合以外は「未設定」のままにしておいてください)

ビジュアルエディタ上では、リンクが張られた単語はアンダーライン入りの青文字で示されます。

リンクを外したい場合は、リンクが張られた部分を選んでビジュアルエディタのリンク解除マークをクリックします。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く

なぜ、WordPressなのか。

自サーバでブログを構築し、運営するためのプログラム「ブログツール」は様々なものがありますが、中でもJANACでは『WordPress』というブログツールを採用しています。日本ではこの他、『Movable Type』『Nucleus』『iDiary』等が有名なブログツールとして挙げられ、それぞれ色々と試してみた結果、JANACのクライアント様に対しては『WordPress』が一番良いのではないかという結論に達しました。

商用利用でも無料で使える

はっきり言って、コレが一番大きな理由です……(笑)。
たとえば皆様がお使いの「Microsoft Office」。大体PCにプリインストールされているのであまり気に留めないかも知れませんが、まともに買うと4万円以上します。如何にインターネット上のプログラムと言えど、誰かが開発したプログラムである以上、それなりの対価が必要になります。
しかし『WordPress』の場合、「皆で開発することでより良いプログラムにしていこう」という考え方の『オープンソース』として開発されたプログラムであり、「皆で開発した以上、皆タダで使えなきゃね」という『GPLライセンス』となっています(つまり、別に開発に参加しなくても無料で使えてしまう……というワケ)。よく、「タダより高いものはない。タダなんて信用ならん」と仰る方がいらっしゃいますが、この業界で一番高いのは、何と言っても凄腕プログラマの人件費です(笑)。

こうした考えはコンピュータの世界ではかなり浸透していて、実は、今、皆様がこのページをご覧いただいているインターネットの仕組みそのものが、『オープンソース』の塊です(詳しく知りたい方は、Apache・FreeBSD・Linux・MySQLといったキーワードで検索してみてください)。皆様も知らず知らずのうちに「オープンソース」の恩恵を受けてネットライフを楽しんでいる訳ですが、開発側としては、使ってくれる人が多ければ多い程、バグ(間違い)が見つかりやすい。十分フィフティフィフティの関係が成り立っているのですね。

カスタマイズが(割と)容易にできる

『WordPress』は、「PHP」というプログラム言語で書かれています。PHPは、ホームページを作るためのHTML・CSS程ではありませんが、数あるプログラム言語の中でも割と易しい方の部類に入る言葉です。
というコトは、元々広告デザインが本業であるJANACでも、十分「手が出る」範囲のブログツールであり、よりラクに(失礼!)皆様のブログを構築することができる訳です。
また、ブログとしての基本的な機能はプログラム単体で大体網羅されていますが、皆様の中には「携帯電話にも対応させたい」「簡易翻訳をつけたい」「ブログ経由で読者からメールをもらいたい」といったプラスαの機能を希望する方がいるかも知れません。こうした希望に応えるプラスαのプログラム(プラグインと言います)が多くの人の手で開発されており、これまた自由に使うことができます。
というコトは、より皆様の希望に添ったブログを作ることができる……という訳です。

複数のユーザを登録し、権限を割り当てることができる

一般的なブログサービスの場合、そのブログに記事を投稿することができる人(登録ユーザ)は1人だけですが、『WordPress』の場合、複数のユーザを登録することができます。
つまり、総務部・営業部・商品開発部といった部署毎に、あるいは社長から、専務から等々、それぞれがそれぞれの「名前」で情報を発信することができる訳です。

しかし、ブログを使って情報を発信する人のスキルは千差万別です。特に、文字を打つにもキーボードから目が離せないような初心者の場合、「間違えたら全体がぶっとんでしまうんじゃないか」などという恐怖心が先に立って、肝心の情報発信をおろそかにしてしまいがちです。
ご安心下さい。『WordPress』の場合、複数のユーザを登録できるだけではなく、そのユーザに対して「できること」をそれぞれ設定することができます。
JANACでは基本的に、全てを統括する「管理者」権限はJANACが有し、皆様は記事の投稿やご自分が書いた記事の修正・削除、カテゴリーの管理等々、日常的なブログの運営「だけ」しか関われないようにしています。このため、万が一トラブルが起きたとしても、トラブルの範囲はそのトラブルが起きたユーザだけに留まり、他の方に迷惑がかかることはありません。管理画面もよりすっきりと、分かりやすくお使いいただけるようになっています。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く

ブログの種類

ブログを設置するには、大きく分けて2つの方法があります。

一般のブログサービスを利用する。

『アメブロ』『ココログ』『Yahoo!ブログ』などといった言葉を見聞きしたことがある方も多いと思いますが、インターネット上を探せば色々なブログサービスが展開されています。多くの場合、ブログサービスの登録ページにアクセスし、名前やメールアドレスなどの個人情報を入力し、利用規約に同意さえすれば、誰でも簡単に、無料で「個人のブログ」を持つことができます。
しかしながら、無料で使えるものの多くは記事と記事の間に広告が挟み込まれますし(この広告料でサービス運営費を賄っています)、無料サービスではデータ量や機能に制限があり、より沢山の記事を蓄積したり、高度な機能を使いたくなった場合は有料オプションを申し込まねばなりません。更に、多くの場合、アドレスはそのサービスを運営する会社が持っているドメインしか使えず、折角自分で取ったドメインでホームページを展開していても、ブログだけ違うアドレスになってしまう……という欠点があります。

自サーバにブログツールを設置する。

「ブログツール」とは、ブログを構築・運営するためのプログラムのことです。
自分のサーバにブログツールをインストールすれば、自分のドメインでブログを作ることができますし、広告だって入りません。デザインや機能等々、自由にカスタマイズが行えますので、よりホームページと一体化したブログにすることができます。
しかしながら、自分のサーバに設置する以上、アップグレード等のプログラムメンテナンスも自分で行わねばならず、カスタマイズするためには、ある程度のサーバやプログラミングに関する知識が必要になってきます。
そこでJANACの出番です。
JANACでは、皆様のサーバにブログツールをインストールし、皆様のホームページに合わせてデザイン・機能のカスタマイズを施した上、皆様にお使いいただく形をとっています。いわば、「自分仕様のブログサービス」という訳です。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く

画像サイズを選択する。

ブログに写真を掲載する時、「フルサイズ」「中サイズ」「サムネイル」の3種類で画像のサイズを選ぶことができます。

この違いは、以下のようになっています。

「フルサイズ」は、アップロードした画像そのものが表示されます。
ただし、大きすぎる画像の場合、記事の枠からはみ出る危険性がありますから、横幅が500ピクセル以上ある画像は、自動的に横幅500ピクセルになるよう縮小して表示されます。

「ピクセル」というのは、画像の大きさを表す単位です。
パソコンのモニタは小さな四角形の集まりでできており、この最小単位が「ピクセル」です。よく、パソコンのカタログを見ていると、「モニタの画面解像度は1280×960」となどと書かれていますが、これは「横1280ピクセル・縦960ピクセル分が表示できます」という意味です。
また、「メガピクセルケータイ」という売り文句が一時はやりましたが、画面解像度1280×960のモニタ全体のピクセル数は、1280×960=1228800≒130万。つまり、「メガピクセルケータイなら、画面解像度1280×960のモニタ全体に相当する大きさの写真が撮れる」ということになる訳です。但し、きれいに印刷するとなると、大体、1インチ当たり200〜300ピクセルが必要になりますので(単位は「dpi」)、300dpiを設定して印刷するなら10.84×8.13mm。L判より少し小さなサイズになります。


640×480ピクセルの画像を「フルサイズ」で表示しています。


こちらは、500×375ピクセルの画像を「フルサイズ」で表示しています。
上の画像と全く同じサイズに見えることに、お気づきでしょうか?

「中サイズ」「サムネイル」はそれぞれ、画像をアップロードした際、自動的に縮小して作られる画像が表示されます。

「中サイズ」は、縦横のサイズのうち、大きな方を300ピクセルとして縮小した画像です。

「サムネイル」は、縦横150ピクセルの画像です。
(縦横のうち、大きな方は切り取られてしまいます)

これら3つのサイズ設定をうまく使い分けることで、文章量との兼ね合い等々、より効果的な大きさで画像を載せることができます。
記事の中に「写真を載せる」という観点では、「サムネイル」だと一部が切れてしまう危険性がありますので、「中サイズ」と「フルサイズ」を使い分けると良いでしょう。

 
コメント&トラックバック:(0)  コメントを書く
Page 1 of 512345